Category: スポーツ車
Posted by: imamura
WH-RS700-C30 人気です!!
チューブレス対応ホイールで重量もそこそこ軽くヒルクライムやロングライドなどにオススメです。
また、リム幅は従来のナロータイプですので23Cタイヤも使えます。当然25Cも大丈夫です。
アルテグラグレードですので、レース等にもOKです。前後でリムハイトも異なりビジュアル的にもカッコいいですよ。
WH-RS700-C30
WH-RS700-C30
Category: スポーツ車
Posted by: imamura
こだわりの一台を納車させて頂きました。
SKには電動シフトが似合います。トップチューブにシフトワイヤー
が入るのがあまり好きではありません。(精神衛生上引きが重くなりそうで。。)
ホイールも飾るなら50mm以上のホイールですが、実用性をとって
35mmのホイールを選びました。
本当にカッコ良いです。
DEROSA SK Pininfarina <br />

03/12: DEROSA FEDE

Category: スポーツ車
Posted by: imamura
2018年の新モデルのDEROSA FEDEが入荷しました。
アルミフレームのエントリーモデルです。
サイズによってコンポがシマノとカンパで
組まれてます。
チェーンステーも横方向に変形して路面からの衝撃を軽減す
るように設計されてます。
DEROSA FEDE
DEROSA FEDE
Category: スポーツ車
Posted by: imamura
Bridgestone クエロをドロップハンドルさせて頂きました。
 20インチはフラットバー仕様がカタログ掲載ですが、ドロップハンドルがご希望
という事でしたので、ドロップハンドルにしてみました。
ステムは純正を使うのが前提でしたのでハンドルはNITTO。
純正のカンチブレーキは制動力がいまいちなので、
ブレーキレバー・ブレーキはshimano製で制動力・機能ともばっちりにしあがりました。
null

02/18: RT9 ANCHOR

Category: スポーツ車
Posted by: imamura
トライアスロン用にANCHORのRT9を組ませて頂きました。
パーツ選択でトライアスロン用もしくはロングのTT用に
ライズのステムが選択できます。
null
今までに数台組みましたが、TTバイクにしてはブレーキワイヤーの
取り回しがよく考えているので無理がないです。
重量はありますが、低重心でハンドリングが良いので
本当に乗りやすいです。
null
Category: スポーツ車
Posted by: imamura
2018年のRS8のカラーでレーシングカラーに次いで好評なのが、
エッジレッドです。
レーシングカラーも人気ですが、このエッジレッドも人気です。
RS8 ANCHOR 2018
Category: スポーツ車
Posted by: imamura
フルモデルチェンジしたSPEEDSTERです。
従来モデルよりも、より快適に走れるようにエンデュランスジオメトリーが採用されました。ハンドルの位置が近く、高くなるように設計されてますので、初めての方でも長時間ライドが楽しめます。タイヤ幅が28Cのタイヤで乗り心地も良くなっています。
スコット SPEEDSTER
Category: スポーツ車
Posted by: imamura
前モデルからリムがワイド化され若干の重量増はありますが、
それでも軽いです。ワイド化に伴う重量増で、下りで安定感があります。
個人で旧型を所有しており、新型のCOSMIC ULTIMATEも試乗しましたが、
下りの安定感は待ったく違います。リムサイドも変更されて、
またブレーキの効きもよくなってます。 重量増による登りの重さは
気にならないレベルでした。
MAVICのフラグシップホイール!!いかがですか?
MAVIC  COSMIC ULTIMATE
MAVIC  COSMIC ULTIMATE
Category: スポーツ車
Posted by: imamura
ANCHOR RS8
RS9の基本設計のPROFORMATを用いてカーボンの素材を変えて発表されたのがRS8です。
重量増は仕方ありませんが、PROFORMATは採用されておりますので、走るフレームです。

ANCHOR RL8
RL8もPROFORMATに進化しました。RS8と同じ用に、カーボン素材のコストは抑え、
よく進みコストパフォーマンスにも優れたフレームです。
レースモデルのRS系と違い長めのヘッドチューブ採用によって
ロングライド等に最適です。

RNCがフルモデルチェンジしました。
悲しいかなカーボンホークの選択は無くなりました。
BB部分ラグへ。フロントメカはバンド式から直付けへ。
Wレバー台座は廃止されました。
RNC7

RNC7 NEO-COT 25th Anniversary という限定で50本でフレームセットも発売されます。
価格は¥250,000(税別)
RNC7 NEO-COT 25th Anniversary

Category: スポーツ車
Posted by: imamura
国産のE-bikeです。一般用の電動自転車とモーターの駆動系が
異なり、高ケイデンスでもアシストのもたつきがありません。
パーツ構成も本格的なパーツが付いています。
但し、国内の法律に基づいておりますので、パワーと速度は
一般の電動自転車と同じです。
ですが、遊びの幅が広がるのは間違いなしです。
パナソニック XM1 BE-EXM40